あなたは独りではなく、多くの人たちに支えられています。
中には、すでに天国に旅立ってしまった愛する存在もいます。
彼らは天国に行ってからもあなたのことを気にかけ、あなたの傍にやってきています。

時々、ふいに誰かのことを思い出したりしませんか?
既に亡くなってしまった存在の名前を街角で聞いたり、その存在を思い出させるような香りがしてきたり。
それらはみんな、彼らからのサインです。
あなたを見守っているよ、という呼びかけなのです。

彼らがいなくなって悲しいですか?
でも、彼らはあなたの傍にいます。
姿は見えなくても、あなたの傍には愛する存在がいます。
理屈ではない彼らからのサインは、あなたにはきっとわかるはずです。

あなたは独りではありません。
矛盾しているようですが、旅立ってなお、あなたの傍には愛する存在がいるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です